FC2ブログ

ケイズプロ スタッフブログ

兵庫県神戸市北区のバイクショップ「有限会社 ケイズプロ」のブログです。

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

こんな事してます 


車検でする事  その6   (作業順とは関係ありません)


フルカウル車は整備中はカウルを外すのですが、

その際、エンジンを洗います


IMG_4869.jpg IMG_4870-1.jpg

この作業、けっこう変化が楽しめて好きなんです

IMG_4871.jpg IMG_4871-1.jpg

次回の点検時、オイル漏れなど見つけやすかったりします

IMG_4872.jpg IMG_4872-1.jpg

完成後の洗車がとても楽になるのです

IMG_4941.jpg

あまり見える部分ではないのですが、

全体を見た時のパリッと感はぜんぜん違うのです



汚れが落ちることで、

空力抵抗も減少し、

車重も軽くなり、

気持ちも軽くなり、

軽量化に貢献し、

2km/hくらいは速くなる!



・・・かも!











スポンサーサイト

△page top

こんな事してます 


車検でする事 その5 (作業順とは関係ありません)

サイドスタンドの清掃、研磨、グリスUPをします

グリスが切れて、動きが重くなったサイドスタンドを上げ下げしていると・・・

IMG_4528.jpg


こんな風にナットが脱落し、ボルトが抜け落ちるおそれもありますので、

抵抗を感じたら分解します


 IMG_4584.jpg

バイクの傾きもかわってくるので、修正もします

IMG_4582.jpg IMG_4583.jpg

ツーリングでそろそろ帰りましょかぁ~ってなる時間帯の

疲れの出だした左足の股関節、

皆さんいたわっていきましょー!!!












△page top

こんな事してます 


車検でする事 その4 (作業順とは関係ありません)

リヤサスペンション部のユニトラックアームの

分解、点検、清掃、グリ-スUPをします


IMG_9519.jpg

2本サスの車両にはなく、車体の底部にあることが多いので

あまり見慣れないパーツかもしれないですが、

乗り心地に大きく影響するとても重要なパーツなのです


IMG_9520.jpg IMG_9523.jpg


IMG_9521.jpg IMG_9522.jpg

グリ-スが横に逃げ、錆がでています。

ベアリング、シールの状態などもチェックしていきます


IMG_9524.jpg IMG_9525.jpg

綺麗に錆を落として、磨きます

ガタ、段付き摩耗などの点検をして、悪いものは交換します。

あとはグリ-スをしっかり塗り込んで、組み付けていきます


最初は少しフワフワした感触に感じるかもしれませんが、

確実に路面追従性能はアップします


整備履歴によっては、サス交換以上の効果が得られるかもですよ

















△page top

こんな事してます 


車検でする事 その3 (作業順とは関係ありません)

ホイールベアリングの点検をします

目視、キャリパー、チェーンなど外してホイール回す、

ホイール外してベアリング点検する・・・などなど。

だいたいはホイール回した時点でゴロゴロゴロ~と振動がきます。


 IMG_9804-1.jpg

そういったものは、よくこんな感じなってます

IMG_9804-2.jpg IMG_9804-3.jpg

ガタの出てるベアリングは交換します

一緒にシール、リングなども交換します


あとはアクスルシャフトなどの関連パーツをきれいにして、

しっかりグリスを塗り込んで組み付けます


そこまで高価なパーツでもないので、

走行距離と相談しながら、タイヤ交換と同時にされるとお得です


コンビニ入る時など、歩道またぐ時に

「カコォォォン」て前の方から音してませんか~?


ではでは~








△page top

こんな事してます 

車検でする事 その2(作業順とは関係ありません)

ご来店いただいてから、1日落ち着かせた状態のバッテリー電圧を測定します



基本的にはすべて充電します

バッテリーの状態を見ながら、電圧が低いものは、再度充電します

また、一日落ち着かせてから、測定

IMG_9139-1.jpg

車体に取り付け、暗電流、始動させての充電電圧も測定します

IMG_9139-2.jpg

もちろん数字だけが全てではないので、全体の電気系統の状態をみながら、

お客様と相談しながら、交換時期なども考えていきます。

最近はアクセサリー電源を使われている方が非常に多いので、

特に気になるところではありますね






△page top