FC2ブログ

ケイズプロ スタッフブログ

兵庫県神戸市北区のバイクショップ「有限会社 ケイズプロ」のブログです。

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

昭和がかっこいい 


店頭に置いている雑誌に 「月刊 オートバイ」 というものがありまして、

別冊付録に 「RIDE・バイクに乗り続けることを誇りに思う」 があります。

一つのバイクにスポットをあて、そのバイクの魅力、歴史などを

とてもわかりやすく解説してくれています


IMG_2984.jpg IMG_2985.jpg

中でも東本昌平さんが描き下ろす短編マンガは

古き良き時代、バイクの格好良さ、乗り手の渋さ、バイク愛、取り巻く環境など

とても素晴らしく表現されていて、N藤オススメの1冊です




2019年4月号はHONDAのVT250F特集!

1982年生まれのバイクです。

バイクを30年以上乗り続けられてるお客様方は、

「めっちゃ懐かしいわぁ」 「さすがに見なくなったなぁ」

とかなんとか言いながら、ページをペラペラめくりながら、

当時の話をしてくれたりします






なぁんてことがあると、こういうことってあるんですねぇ

整備のご依頼をいただきました(笑)


IMG_2987.jpg

もうすぐ年号が「平成」から「令和」にかわる頃に「昭和」のバイクを整備

廃盤パーツも多々あり、苦労もありますが、これも愛着になるのだなぁと・・・。

古き良きを感じながらの整備、いいお時間をいただきありがとうございました!

IMG_2877.jpg IMG_2964.jpg 
IMG_2968.jpg

整備中はやっぱり

「うわっ!懐かしい!」「めっちゃ綺麗やん!

などなど他のお客様からうれしそうなお声をいただきましたよ





そんな 「見なくなったなぁ」 なんて言ってたお客様から

翌朝、写真が送られてきました📷


IMG_2990.jpg

まぁ・・・世の中こんなもんです(笑)

しかも同じカラー・・・(笑)

いろんなところでまだまだ現役!RIDEですね





店の前を走るバイクが多くなってきました

いよいよ春も本番だ!






スポンサーサイト

△page top

まだ走りますよ! 


今年も残すところあと4日!

走りおさめに向けてメンテナンス中です


IMG_1047.jpg IMG_1050.jpg


IMG_1051.jpg IMG_1049.jpg

年末年始もガンガン走りますよー!




年末年始のお休みのお知らせ

12月29日・・・大掃除

12月30日~1月4日 お休みをいただきます









△page top

もったいないですよ! 

いつものようにブレーキペダルを踏み込んで、

いつものようにブレーキが効いて、

いつものようにコーナーに突っ込んで、

いつものように曲がっていく・・・

徐々に悪くなっていくのでなかなかわからないのですが、


IMG_8038.jpg IMG_8039.jpg

ペダルの踏み込み、おもくなってないですか

IMG_6624.jpg IMG_6624-1.jpg

コーナーリング時のメリハリ、無くなってないですか



景色を楽しみながらのゆったりツーリングも、もちろん楽しいのですが、

ブレーキのタッチ、タイヤのグリップ感、サスペンションの動きなど

個々を意識しながら乗ってみたりするのも、

また違った楽しみ方が出来ておもしろいとおもうんですけどねぇ

パッド交換の時だけ整備するなんて、もったいないですよ!











△page top

見えないゴム製パーツ 

特に走行距離の少ない方に多いのですが、

結構な割合で内側に隠れたゴム製パーツが痛んでます

一部紹介します


IMG_5856 - コピー
リヤホイール部にあるハブダンパー

加速したい時、エンジンブレーキを効かせたい時などに

ワンテンポ遅れるなど、スロットル操作にとても影響します。

チェーンスプロケットの寿命にも。


IMG_5894 - コピー
油圧式クラッチ車のリリース内にあるピストンシール

フルードが漏れ出して、エンジンカバーの塗装がエライことになってます

IMG_5899 - コピー IMG_5903 - コピー

ダンパー、ピストンシール交換、浮いた塗装はきれいにブラスト処理して再塗装します

IMG_5872 - コピー
IMG_5906 - コピー IMG_5907 - コピー 

フォークのダストシールやマニホールドなどの見えるパーツは

皆さんきれいにされてるんですけどね~

走行中にダンパーが砕けたり、フルードが垂れてフレームにかかったりしたら

あとあと大変なので、定期的な点検しましょね~









△page top

過去最大級! 

修理でお預かりのこのバイク

あのバルカン1500クラシックツアラーFiを余裕で凌ぐ!



分解時に必要な床面積でした(カウルの置き場込)

 IMG_4743.jpg

畳で言うと・・・

10畳?

くらい?
 






△page top